株式会社こうべ保健サービス/よつば薬局店/よつば薬局春日野店/よつば薬局六甲店/神戸市灘区・中央区の地域に密着した薬局です

よつば薬局 六甲店春日野店
あなたの家のかかりつけ薬局を目指して
HOME よつば薬局 春日野店 六甲店 お問い合わせ

HOME

 

ご案内

生活習慣病について(日本人に多い病気)

インフォメーション各種情報・お問い合わせ

HOME»  生活習慣病Q&A

生活習慣病Q&A

高血圧についてのQ&A

Question

高血圧の診断基準は?

Answer

収縮期血圧が140mmHg以上、または、拡張期血圧が90mmHg以上のときに、高血圧と診断されます。 なお、家庭血圧(市販の血圧計を用いて家庭内で測定する場合の血圧)は、精神的な緊張がないことなどから医療機関で測定するときよりも通常は低い値になるので、収縮期血圧135mmHg以上、または、拡張期血圧が85mmHg以上で、高血圧と判定します。

 

Question

治療の目標値は、どのくらいですか?

Answer

高血圧の一般的な降圧目標は、若年・中年者では130/85mmHg未満です。ただ、高齢者の場合は、すでに動脈硬化がある程度進行していて、血圧を下げることにより臓器の血流不足が起きる心配もあるので、一般にやや高めの140/90mmHgが目標とされています。一方、高血圧によって臓器の障害が進行しやすい状態である、糖尿病や腎臓病の患者さんには、より低めの130/80mmHgが目標とされます。

 

肥満症についてのQ&A

Question

肥満の場合、どのくらい減量する必要がありますか?

Answer

肥満は塩分過多と並ぶ高血圧の主要原因の一つです。肥満で高血圧の場合、減量することで血圧もずいぶん下がってきます。理想的なことを言えば、肥満が解消されるまでの減量、つまり標準体重に近付けることがベストですが、実際には、現在の体重から4~5kg程度の減量でも、かなりの効果を期待できます。
肥満に該当する方にとって、この程度の減量はそれほど難しくはないはずですので、ぜひ頑張ってください。
なお、肥満に該当しなくても(BMIが25未満でも)、ウエストサイズが、メタボリックシンドロームの基準値(男性は85cm以上、女性は90cm以上)を超えている場合は、ウエストサイズを指標にしたダイエットが必要です。

 

高脂血症についてのQ&A

Question

高脂血症の原因はなんですか?

Answer

高脂血症は生活習慣病の一つです。つまり、血清脂質が高くなりやすい遺伝的な背景がある人が、食べ過ぎや飲み過ぎ、それによる肥満など、血清脂質を高くするような生活を送っていることで発病します。
日本では戦後、生活習慣の欧米化が進み、徐々に高脂血症がメジャーな病気になってきました。食生活にはおいては、摂取エネルギー自体はあまり変化していないものの、脂肪分の摂取量、とくに動物性脂肪の摂取量が増加してきました。そして、摂取したカロリーを消費する機会、つまり、からだを動かす機会も減ってきています。
こうしたことが、高脂血症の増加につながっています。
高脂血症の原因のうち、遺伝的なことは修正できませんが、生活習慣は修正可能です。ですから、高脂血症の治療は、生活習慣の改善が基本となります。
このことは、メタボリックシンドロームについても同じです。

 

Question

超悪玉コレステロールを減らす方法はありますか?

Answer

高“超悪玉”と呼ばれるsdLDL-コレステロールは、中性脂肪の値と相関関係があります。ですから、中性脂肪を下げる治療が、sdLDLも減らせると考えられます。もう少し詳しく説明すると、中性脂肪はLPL(リポタンパクリパーゼ)という酵素で分解されるのですが、メタボリックシンドロームではインスリン抵抗性などのためにその酵素の活性が低下していして、それがsdLDLが増えたり、HDLが減ったりする一因と考えられています。そのため、メタボリックシンドロームという状態の基本に近い、インスリン抵抗性を解消すること、さらにさかのぼって言うと、内臓脂肪を減らすことが、sdLDLを減らしたり、HDLを上げることにつながると言えます。また、運動によってLPLの働きを良くするなどでも改善されます。

 

↑このページの先頭へ